最低数量、水単価

毎月の負担となるウォーターサーバー。会社の福利厚生で設置してもらえるものならランニングコストは気にはならないのですが、

従業員で共同出資して食堂等でウォーターサーバーを使用する場合は1ヶ月あたりの必要経費をきちんと整理しておく必要があります。

最低1月に支払わなければならない料金と、いつ払うのかが重要で後のトラブルになりかねません。ウォーターサーバーなら – 天然水ウォーターサーバーのアクアリズム

例えば、強制的に最低数量仕入れなければならないケースで思わぬ出費になる場合があります。

毎月定額料金というの理想なのですが、季節により使用量が異なったりするのは仕方が無いこと。

また定期点検が必要経費の契約だと、毎月にとのように回収するかというった取り決めも必要となります。

便利で重宝なウォーターサーバーですが契約するまでが重要で、最低数量、水単価、

点検料金、点検期間と時期等十分に話し合った上で導入を検討しましょう。

必要経費を割り出して余分に毎月定期的に徴収するようにしておけばトラブルは少ないのではないでしょうか。

うまく活用をしていきましょう。